国分寺の家

所在地 :東京都国分寺市

用途 :二世帯住宅

敷地面積/地域 :82.72(m2) / 商業地域

建築面積/延床面積 :66.10(m2) / 194.83(m2)

主構造 :鉄筋コンクリート造

階数 :地上3階+塔屋

設計 :山本想太郎設計アトリエ

 

交通量の多い道路に面し、隣地境界には近接して隣家が建ち並ぶ都市的なコンテクストに対し、基本的に「閉じた」建築を計画しました。コンクリートの外殻に対して、内部は木質+カーテンの柔らかな空間とし、中央を貫通する「光井戸」が内部の環境を形づけています。この光井戸は、層ごとに異なる各機能(1階=事務所、2階=親世帯、3階=子世帯)を視覚的に結びつける、建物の核となります。そして、その閉鎖性から開放される空間として、屋上庭園が設けられています。

各階の平面は光庭、居住空間、収納などのサーバントスペースが3重の矩形空間を形成する単純な構成です。居住空間、収納などの使われ方を詳細に定量的に割り振ることにより、各部の空間寸法が定められました。

鉄筋コンクリート造を採用した最大の理由は外部交通騒音の遮断です。層間の遮音も意識しています。またコンクリート打放しは外部仕上が軽微であるため、敷地の境界ぎりぎりまでの計画(型枠の脱型スペースで決定)にも適しました。外周の壁とスラブのみの単純な躯体形状であるため、型枠などの施工効率が高く、低コストに貢献しています。

 

<参照:現場レポート